自律神経の乱れによる吐き気の特徴と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
自律神経の乱れによる吐き気の特徴と対処法

私たちの体の機能を自然に調整してくれる自律神経は、そのバランスの乱れによって様々な症状を引き起こすことがあります。

その中でも、交感神経の高ぶりによっておこりやすい吐き気の症状は、慢性的になって悩んでいる人が多いものの1つです。

吐き気は他の要因によるものである可能性もありますが、とくに思い当たることが無い場合には、自律神経性の吐き気かもしれません。

自律神経性の吐き気の特徴や対処法をご紹介します。

吐き気の種類

一口に吐き気といっても、その原因は様々です。

基本的には、体に何かの刺激や異常おきたときの防衛反応であることが多いと言われています。一時的なものや、思い当たる原因の明らかな場合は心配ありませんが、原因不明の吐き気が続くときには病気のサインである可能性もあります。

まずは、吐き気がおこる主な原因をまとめました。

食べ過ぎ・飲み過ぎによる吐き気

吐き気のおこる一番多い原因は、食べ過ぎ・飲み過ぎによるものです。

自分で明らかに食べ過ぎ・飲み過ぎと自覚しているようなときだけではなく、胃腸が弱っているときには普段の食事量でも吐き気がおこることもあります。胃腸に優しい食事をこころがけ、休養をとって様子をみましょう。

普段とは違うものを食べたり、新しい薬を飲み始めたりしたときにも、体がそれを異物と感じて吐き気がおこるときがあります。

消化器官の病気による吐き気

胃、腸、すい臓などの消化器官の病気があると、吐き気の症状がおこります。
考えられる代表的な病気としては、

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • すい炎
  • 急性腹膜炎
  • 腸閉塞
  • 虫垂炎(盲腸炎)

などがあげられますが、このような病気があるときには吐き気とともに腹部や背部に痛みがおこったり、食欲不振や嘔吐があったりします。

吐き気に加えて下痢が続く、お腹がシクシクと痛む、下腹部に鈍痛がある、胃の裏側が痛む、腹部周辺に激痛があるなどの症状もみられるときは、消化器科を受診しましょう。

乗り物酔いや頭痛による吐き気

バランス感覚が不安定な人は、揺れによる刺激で吐き気がおこることがあります。

乗り物に乗ったとき、激しく動く映像をみたとき、回転したときなど、目の前が揺れ動く感じとともに吐き気がおこります。とくに何もしていないのに揺れや吐き気を感じるメニエール病という病気もあります。

また、頭痛の中でも頭の血管がズキズキと脈打つ片頭痛の場合、その刺激が吐き気をおこす神経に伝わってしまうことがあります。このような吐き気が辛いときは、深呼吸をして安静にしましょう。

いざというときのため、吐き気止めを処方してもらっておくと、その安心感によって吐き気がおこらなくなるときもあります。

脳の異常による吐き気

くも膜下出血、脳腫瘍、脳梗塞など、脳に異常がおこる前触れとして、急激な吐き気におそわれることがあります。目の前が暗くなる、手先や脚がしびれる、言葉が出なくなる、などの症状をともなった吐き気の場合は、脳外科を受診しましょう。

また、うつ病などの精神疾患で脳の血流が低下したり脳の機能に乱れが生じたりすると、吐き気がおこることがあります。

妊娠による吐き気

妊娠するとホルモンのバランスが乱れたり、体が変化についていけなかったりして吐き気がおこりやすくなり、いわゆる「つわり」の症状が出ます。

自律神経の乱れによる吐き気

自律神経の乱れによる吐き気

上記のような原因が思い当たらず、病院に行ってもとくに異常が見つからないのに頻繁に吐き気を感じる場合には、自律神経の乱れが影響している可能性があります。

自律神経が乱れるとなぜ吐き気がおこるのでしょうか。また、どのように対処すればいいのでしょうか。

自律神経と消化器官の関係

胃や腸を代表する消化器官の内臓は、自律神経の影響をとても強く受けています。

とくに胃腸は精神と深く結びついているため、ストレスを感じたり疲れがたまったりすると胃やお腹が痛くなり、便秘や下痢になったりする人も多いのではないでしょうか。

基本的に消化活動は、休息の時間に行われるようなシステムになっています。

お腹がいっぱいになってしまうと身体も頭も機敏に働き辛くなって、眠たくなりますよね。消化を促進するために胃腸周辺へ血液を優先的にまわすので、他の部位の活動は鈍くなります。

食後はリラックス側の副交感神経が優位になり、ゆったりと休める状態をつくりだしているのです。

しかし、慢性的にストレスを受けていたり常に忙しく動き回らなければいけない日々が続いていたりすると、活動側の交感神経ばかりが優位に働きます

もともと交感神経は、戦闘や危機からの逃走に備えている神経で、いざというときに素早い動きができるように筋肉や脳へ積極的に血液をまわし、その分消化器官の活動は抑えるように働きます。

とくに強いストレスがかかったときなどは緊急事態の発令が脳から出て、体は胃の内容物を排出して身軽になりそれに備えようとするため、強いストレスや緊張状態が長く続いていると、慢性的に吐き気がおこるようになってしまいます。

それ以外にも、自律神経の乱れによって消化器官の活動も乱れ、過剰な胃液が分泌されて胃の粘膜を刺激したり、腸が硬く閉じて内容物が通過しなくなることから吐き気がもよおされたり、様々な方面に影響を及ぼします。

自律神経性の吐き気への対処法

特別な病気や食べ過ぎ、乗り物酔いなどの原因のない自律神経性の吐き気の場合、まずは体と心を落ち着かせてあげることが大切です。

  • 吐き気がおこったらゆっくりと深呼吸をしてみる
  • 肩、首、背中がこっているとよけいに吐き気が強くなるので、軽くマッサージやストレッチをする
  • デコルテの部分を大きくゆっくりとさする
  • 手の平をよくもみほぐす
  • 水分を摂り過ぎず、できるだけ胃腸に負担のかかりにくい自分の好きなものをよくかんで食べる
  • 胃腸薬を使う場合、胃酸過多の人と胃液不足で消化不良の人では効果のある薬が変わるため、できればかかりつけの医院で相談の上処方してもらう
  • 可能な範囲で休養と睡眠をとる
  • 精神的なストレスが蓄積していないかをかえりみる

コマメなリラックスタイムを

自律神経性の吐き気の場合は、食生活の改善や薬の力だけではなかなかおさまりません。

忙しい生活の中では休養やストレス発散もままならないかもしれませんが、短くても意識して自分に心地いい時間を生活に取り入れるだけでも、だいぶ違います。

  • 好きな音楽を聴く
  • お気に入りのお茶を飲む
  • 5分でいいから外で思い切り深呼吸をする
  • ストレスを自分で整理して書きだしてみる
  • 普段と少し違う道を歩いてみる
  • パソコンやスマホを控えめにする

など、ちょっとしたことを心がけてみましょう。

吐き気は、体に緊急指令が出てしまっている証拠です。休養が難しい場合は、体に「大丈夫、大丈夫」と優しく言ってあげてください。

それだけでも、体や心が少しゆるみ、交感神経の高ぶりが抑えられると言われています。

まとめ

自律神経の乱れからおこる吐き気についてご紹介しました。

吐き気がおこると苦しいし、なんだか不安になりますよね。

ただ、不安が大きくなるとさらに交感神経がたかぶる悪循環になります。病院で異常を指摘されていない場合は、まず落ち着いて、体に「大丈夫」と言ってあげてください。

食べ物に関しては、消化のいいものということは大切ですが、基本的には自分の好きなものをよくかんで食べるのがおすすめです。

自律神経を整えるためにはストレス対策が欠かせませんが、ストレスは発散や回避ができなくても、「自分は今ストレスがある」と知っているだけでも違います。

ストレスが自覚できていないと体の方に様々な症状がおこるようになります。

吐き気は、心や体に負担がかかっているサインです。生活の中で見直せる部分は見直し、それができないときには「辛いよね」と自分を労わり苦しい部分をさすってあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。