この首・肩の痛みは何? つらーい あなたのための原因別対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
image001

首や肩が痛い。ここのところずっと重い感じでツライ・・・・・・「痛み」というのは、それだけでストレスになるものですよね。

パソコンやスマホを操作する時間も長い現代。だから「ずーっとパソコンの前にいるから、肩こりになっても当たり前」とか、年齢的なところを考えて「そろそろ四十肩かな、仕方ないかな」とあきらめてませんか?

四十肩や肩こりも、もちろんツライところですが、本当に気をつけないといけないのは、「自分の痛みは四十肩だ」「肩こりだ」という思い込み

特に首のあたりが痛い、重苦しいという症状の場合、原因は他にあることも少なくありません。首の痛みの中には、知らずに放っておくと酷くなってしまうものもありますし、場合によっては心臓病などの怖い病気の影響で肩こりが出ていることも・・・・・・!

ここでは、現代人に多い首・肩・腰の痛みにフォーカスし、原因別の対処法についてお伝えしていきます。ぜひ、チェックしてみてください。

まずは、年齢的なところで疑うのは「四十肩」

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

四十肩とは、腕を動かしたときに、突然、肩が痛くなり、腕を上げたり回したりすることが痛くてできなくなってしまう症状です。

四十肩、五十肩という病名はなく、本来の名前は「肩関節周囲炎」と呼びます。40~50代の人に多い症状のため、このような俗称がついたようですね。四十肩は圧倒的に女性に多い症状と言われています。

実は、原因は明らかではありません。

肩関節は、とても広い範囲の筋肉と連動していて、構造も複雑な重要な部分です。役割が多い分、動かすことが多いので炎症がおこりやすいのです。

四十肩の症状と対処方法はこちらの記事をご覧ください。

朝起きていきなり痛いなら「寝違え」

884ebc0d21fb5c4863e769a0e18be108_s

寝違えは、前触れもなく突然やってきます。

  • 朝起きたら、突然首が痛くて回らなかった・・・・・・
  • 早く朝食の支度をしなければならないのに、首が痛くて思うように動けない
  • 揉んでもダメ、痛い部分を押しても良くならない

こんな時は「寝違え」です。

朝の忙しいときに、寝違えのために時間を使うわけにもいきませんよね。だから、ムリな方向へ首をねじってみたり、揉んだりしてしまいがちです。ですが、それは悪化の原因にもなります。

寝違えた際の正しい対処法を、ぜひこの機会に覚えておいてください!

寝違えの原因は脇の下の血行不良

寝違えの原因のひとつとしてよく言われているのが、枕が合っていないこと。合わない枕に頭を乗せて寝ている間に、首に負担がかかってしまっているというのが定説でした。

ただ、最近では別の原因があることがわかってきました。それは、首ではなく、脇の下にある「腋窩神経(えいきかしんけい)」といわれる神経にあるということです。不自然な体勢で寝ることで、首を支える腋窩神経の血行が悪くなって首が痛くなるのです。

寝違えた時の「正しい」対処法:腕を回す

寝違えた痛みの原因は首ではないから、当然、首をほぐしたり、湿布を貼ったりしても効果がないことがわかります。寝違えの原因は脇の下の血行なので、ここを中心に対処していかなければなりません。

その対処法は腕を回すこと。腕を回すことで肩甲骨を動かすことができます。肩甲骨を動かすことで、首や肩の筋肉が連動し、体の全体の血流をスムーズにしていきます。

目が悪かったり、パソコン作業が多いなら「肩こり」

image005

  • 長時間、パソコン作業をしていると肩がパンパンになってくる
  • パソコン作業等でうつむいていると、後頭部が痛くなってくる
  • 肩の中心から左右へ重苦しい痛みが広がっている

これらの肩の痛みは、パソコン作業をはじめ、うつむく作業が長時間続く人に多い症状です。これは筋肉障害で、放っておくと痺れが出てくる場合もあります。

【注意】痛いのが左側なら気を付けて!心臓疾患の可能性も

ただ、注意が必要な肩こりもあります。左側の首や肩周辺が痛むときはありませんか?

それは、狭心症や心筋梗塞、心不全などの心臓疾患が原因かもしれません。心臓疾患の症状として、肩甲骨や肩や首のだるさが出てくるのはよく知られています。

これらは、命に関わる重大な病気です。

普段、パソコン作業が多いから、ただの肩こりだろうと安易にせず、病院での早めの受診をおすすめします。

肩こりで病院に行くなら、最初は整形外科に行くのがよいでしょう。その時の問診や検査の結果から、必要に応じて他の科の先生を紹介されます。不安要素があるなら、状況を話して総合病院の窓口に相談に乗ってもらえば安心です。

肩こりがつらい時の応急処置

肩こりがつらい時の応急処置としてはこのようなものがあります。

肩こりがつらいときの応急処置1:タオルを温めて首の後ろに当てる

血行が悪くなってしまっているので、まずは温めることで筋肉がほぐれて楽になります。

ホットタオルは電子レンジでつくるとカンタンです。

  • 水で濡らして軽く絞る
  • 電子レンジで1分温める

お仕事中などで電子レンジを使えないときはホッカイロでもいいですね。2つ並べてハンカチに包んで首に巻くとホッとしますよ。

肩こりがつらいときの応急処置2:病院で教わった肩こりに良く効く体操

今、ネットで評判になっている肩こりに良く効く体操はご存じですか? 私もやってみたら楽になったのでオススメです。

道具もいりませんし、5ステップで合計で1分も掛かりません。立ったままでできるので、オフィスで周りの目が気になるなら、すっと席を立ち、トイレで体操すれば大丈夫です。

無理しすぎないで、気持ちいい程度に伸ばす程度で十分です。私の場合、「肩と首と、頭も痛いーー! もうイヤだーー!」と叫びたくなるくらい頭が重いときにやっています。頭にじんわりと血が回り、ホッとします。


肩こりを予防するには?

とはいえ、応急処置で対処するよりも、根本的に肩こりにならないようにしたいですよね?

肩こりの予防は、姿勢に気を付けることと冷えから身を守ること。ちょっとした心がけで、肩こりになりづらい自分にしていけるので詳しく見ていきましょう。

パソコン作業の姿勢を改善

肩こりは長時間のパソコンワークに伴い、知らないうちに姿勢が前傾になり、猫背になってしまうのが主な原因です。

パソコン作業をしているうちに、あごを突き出し、首を伸ばしている姿勢が継続し、肩に力が入ってしまい肩こりを引き起こします。結果、この姿勢の悪さが筋肉に大きな負担を与え、血流の流れを悪くしてしまうのです。

そこで、パソコンをするときには、次のような姿勢を心がけるといいですね。

  • キーボードやマウス、ノートパソコンの場合は本体を、自分の体の近くに置く
  • イスには深く腰掛ける
  • イスの高さが調整できない場合は、足の下に台を置いて調節してください
  • 作業画面は、目の高さでなく目線よりも下になるようにする
  • 背筋を伸ばす

エアコンの効いた室内での対策

また、エアコンのあたりすぎで肩こりになってしまう場合もあります。

エアコンに長時間当たりすぎて、肩や首に鈍痛が広がっていく経験はありませんか?特に冷えに弱い人ならば、指先やつま先など、体の末端部分が冷えきってピリピリ痛んだりします。

エアコンに当たり続けていると、体の筋肉に負担がかかります。首から冷えが入り込むと、全身に伝わり、一気に血流が悪くなるのです。冷えが入り込んできた人間の体は、緊急対処をしようとして、筋肉から熱を発生させようとします。

つまり、筋肉に力を入れることで冷えから体を守ろうとするのです。その際の筋肉の動きが肩や首に負担をかけ、コリを引き起こさせるというわけです。

冷えから身を守ることで肩こりを防ぐこともできます。

  • エアコンの温度を25~28℃に設定(外気の温度のマイナス3℃前後が理想)
  • オフィスなど自由に温度設定ができない場合は、なるべく肌の露出が少ない服装を心がける
  • 温度調節が簡単にできる、カーディガンなどの羽織ものも活用
  • 冷たい飲み物でなく、温かい飲み物で体内から温める

ちょっと気になる首まわりの痛み

image007

「肩もそうだけど、特に首のあたりが痛い、重苦しい」という場合は、頚椎椎間板症頸椎ヘルニア頚椎椎間関節症などの首まわりが原因の病気の可能性があります。

どれもよく似た病気ですが、原因で見るとこんな違いがあります。

  • 頸椎椎間板症:首の椎間板が年齢を重ねていく中で変形して神経を刺激
  • 頸椎ヘルニア:椎間板の真ん中にある髄核と呼ばれる部分が飛び出して神経を刺激
  • 頚椎椎間関節症:首の骨や関節が年齢を重ねていく中で変形して神経を刺激

neck-shoulder-pain-cause

また、痛みの出る場所にも違いがあります。

  • 頸椎椎間板症:首から肩甲骨に向かうラインで電気が走るような痛みが出る
  • 頸椎ヘルニア:首から腕にかけて電気が走るような痛みが出る
  • 頚椎椎間関節症:首・肩・肩甲骨まわりで電気が走るような痛みが出る

neck-shoulder-pain-place

※ 痛んだ椎間板や関節、ヘルニアの位置によって、痛みの出る場所が変わります。

それでは、それぞれの病気の特徴と対処方法を詳しく見ていきましょう。

頚椎椎間板症:首が動きにくい

  • 首が動きにくく、動かすとゴリゴリと違和感がある
  • 突然、首が動かなくなり、動かすと耳の奥でゴリゴリする感覚がある
  • 首の付け根や肩まわりから、指先までじんわりとしびれている
  • 夜になると痛みが増す傾向にある

そんな場合は、頚椎椎間板症の可能性があります。

これは、首の骨と骨との間にある「椎間板」と呼ばれるものが変形することで、痛みを発症するものです。整形外科でレントゲンを撮ってもらって頚椎に変形があると、頚椎症と診断されます。

原因は加齢によるものがほとんどで、首や背中を中心に痛みが広がります。緊急性もないことから、鎮痛剤や湿布で対応することが多いです。

椎間板自体には神経は通ってないので、痛みはありません。しかし、椎間板を改善しようとするために血管や神経が作られ、新しく作られた神経が痛むのです。首を動かすことで神経が反応し痛みを感じます

頸椎椎間板症の対処方法

まずは、痛み止めの薬を飲んだり、湿布を貼ったりして経過観察からはじめてみましょう。
というのは、頚椎椎間板症は、原因が椎間板にあるのかどうかの診断がつきにくいからです。

大きな手術をする必要もめったになく、緊急を要する事態もきわめて少ないのです。なので、日常生活でこんなことに注意しておきましょう。

  • できるだけ首を使わない動きを意識する(首に負担を掛けない)
  • 鎮痛剤や湿布で経過観察をする
  • うつむく姿勢を持続させない

頚椎ヘルニア:首を後ろに曲げると痛みが増す

首の痛みの他に、こんな症状が出ていませんか?

  • 日常生活で、肩が上がらなくなった
  • 手がしびれて物を上手くつかめなくなった
  • 胸部の痛みを感じる
  • 頭痛や吐き気を伴っている
  • 指先がしびれて文字を書くのが困難
  • 首を後ろに曲げるともっと痛む

それは、「頚椎ヘルニア」と呼ばれるものかもしれません。

椎間板の疲労により負荷がかかりすぎると、頚椎にも負担が増し、椎間板内にある髄核というものが、外側へ漏れてしまいます。その際に、髄核が神経に触れることで痛みを引き起こしていることが原因です。

頸椎ヘルニアの対処方法

まずは、安静にして経過観察です。痛みがひどければ、痛み止めの薬を飲みます。鎮痛剤は、主にボルタレンやロキソニンが効果的です。ボルタレンは、飲み薬は市販されていませんが、塗り薬や貼り薬は市販でも買うことができます。

ロキソニンは、ボルタレンに似た効能で市販もされています。

ヘルニアの治し方について詳しくはこちらの記事でも解説しているので、併せて読んでみてください。

頚椎椎間関節症:首・肩・肩甲骨が痛い

肩甲骨の周辺から背中へ、重だるい痛みが続いていませんか? 気軽に振り返ったり、見上げたりするのが恐る恐るになってしまい、日常生活に支障が出てしまう痛みを放置していませんか?

もしもそうなら、頚椎椎間板関節症の可能性があります。

  • 息を吸うと背中が痛い
  • 手や指先にしびれがある
  • しびれは、重い鈍痛のような痛みを伴う
  • 首に違和感を感じ、肩まで痛みが繋がっている

原因はいくつかありますが、ほとんどの場合は日常生活での姿勢の問題です。

ある一定の方向ばかりを向いていた場合や、歩き癖の影響で体が片方に偏った歩き方をするなど、片側の肩甲骨に負担がかかってしまいます。その偏った負担が、痛みの原因となります。

また、精神的な要因も考えられます。ストレスを抱えると体のいろいろな部位が痛む場合があり、肩甲骨も痛む可能性があります。

頚椎椎間関節症の対処方法

対処法として、まず挙げられるのは市販の湿布や鎮痛剤を用いつつ、安静を保つことです。

頚椎椎間関節症のような、関節の変性は加齢や姿勢の問題、ストレス等の原因が主なので、長い年月をかけて発症するものであり、瞬時に完治できるものではありません。

病院などでも、一般的に鎮痛剤と湿布の併用の治療をします。

【セルフケア】慢性的な痛みを改善する方法

これらの病気については、まずは安静と言われていますが、

  • 安静にしていてもダメ
  • 湿布も効かない
  • 鎮痛剤も体のためを思うとあまり服用したくない・・・・・・

という時はどうしたらいいのでしょうか?

慢性的な負担が原因でもあるので、これといった治療方法の決定打もないのも事実。

ですが、自分で痛みを和らげ、改善に向かう方法もいくつかあります。ここでは、自分でできるセルフケア方法をご紹介します。

慢性の痛みを和らげるには温める

実際、痛みがあるときに体は冷やした方が良いのか、温めたほうがよいのか、迷う人もいると思います。慢性的に痛みがある時は、じっくりと温めて筋肉をほぐしてください。ゆったりとお風呂につかって、からだ全体を温めると効果が高まります。

ちなみに、突然痛みが起こった時は患部を冷やして処置します。炎症を起こして熱を出している可能性があるので、ゆっくりと時間をかけて冷やしてください。

手を伸ばす動作を控える

高いところにあるものを取る場合、無理して手を伸ばさず脚立などを使ってください。

見上げる動作を避ける

首に負担を掛けると悪化させてしまいます。特に「見上げる」動作は、首の関節・椎間板を刺激してしまうので、高い位置にあるテレビを観る、前席での映画鑑賞などは避けるようにしましょう。

急に振り向いたり、首を曲げたりせず、ゆったりとした動作を心がける

これも見上げる動作と同じで、首に負担を掛けてしまいます。忙しい日常ですが、女優やセレブになった気分でゆったりとした動作を心がけましょう。

長時間、同じ姿勢を続けないようにする

同じ姿勢でいると筋肉が緊張し、血行が悪くなってしまいます。パソコン作業や事務仕事などをする際には、1時間に一度は席を立ち、軽く動くようにしましょう。

簡単な柔軟運動やストレッチをする

運動不足も血流に大きく影響しています。仕事の合間、育児や家事の合間に簡単な柔軟運動をすることをおすすめします。ラジオ体操も効果的です。

日常生活でも自分自身で意識することで、首や肩の痛みは予防できます。

まとめ

image013

首、肩、腰の痛みは、いつものことだとスルーしがちです。特に女性は、出産や育児を経験することで体への負担が大きいとされています。

わざわざ病院へいくほどの痛みでなくても、慢性化することで痛みもおさまりにくく、ますます痛みも増してきてしまいます。日々の忙しさに追われて、自分の事は二の次にしがちですが、小さいことでも意識できることはあります。

姿勢を正すだけでも効果はあります。からだ全体を温めて血行をよくすることで、体温もあがり、体温が上がれば筋肉への負担も減ります。日常の習慣を見直すだけでも改善はできるのです。

ただ、間違えた知識でふさわしくないセルフケアをしてしまうと、無理な負荷をかけることで負担を増やしてしまうことも多々ありますので注意が必要です。

まずは気軽にできることからはじめて、体と心のバランスを整えていきましょう。

(すきっと編集部/繭原)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*