体幹トレーニングのススメ(骨盤底筋群)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
「体幹」

こんにちは!
パーソナルトレーナーの星野一徳(ほしのかずのり) です。

インテルで活躍している長友選手がやっていることでも有名な「体幹トレーニング」をご存じですか?

体幹トレーニングは、一般的に知られている腕や足の筋トレとはちょっと違い、体の内側の筋肉を鍛えていくもので、

  • 体質が変わって太りにくくなる
  • 姿勢がよくなる
  • 肩こりや腰痛が改善される

などの効果があると知られています。

でも、自己流など間違ったフォームでやってしまうと、トレーニングの効果が出づらいだけでなく、ケガをしてしまったりします。

そこで、パーソナルトレーナーである私が、「正しい」体幹トレーニングをシリーズでお伝えしていきます。

体幹トレーニングのススメ

今回は「体幹トレーニング」について、やっていきたいと思います。

最近は「体幹トレーニング」というのは、そんなに言われなくなったかもしれないですが、人間にとっても、非常に重要な体の部位になりますので、説明をさせていただいてから、順を追ってやっていきたいと思います。

体幹とは?

「体幹」というのは、いろんな人がいろんなこと言ってます。「腕とか足を除いた、他の胴体の部分が体幹だ」とか、そういうふうに言ったりもします。もう少し小さな部分で見ると、下の図の4つの筋肉が関わってきているんですね。

「体幹」

今回は「骨盤底筋群」に注目!

今回はこの「骨盤底筋群」をやっていきたいと思います。

「骨盤底筋群」

骨盤底筋群はどこにある?

「骨盤底筋群」は、骨盤の1番下のハンモック状の筋肉になりますので、ここがどこにあるのかというのをご理解いただきたいと思います。

骨盤の1番下のハンモック状の筋肉

まずは、骨盤まわりの骨の位置を確認

骨盤の前側には「恥骨」

骨盤の前側には「恥骨」という骨の部位があります。

骨盤の前側には「恥骨」

骨盤の後ろ側には「尾骨」

後ろ側には「尾骨」という骨があります。

後ろ側には「尾骨」

骨盤の横には「坐骨」が2つ

両方のお尻の下に「坐骨」というのが2つあるんです。これを輪切りにしてみると、こんな感じです。前側が恥骨、後ろ側が尾骨、横に坐骨が2つ、骨の部位があります。

「坐骨」というのが2つあるんです。

次回予告

これがわかっていただけないと、「骨盤底筋群」にアプローチするのが難しいと思います。ぜひ次回お会いする時までに、ここを確認しておいていただけると良いなと思います。自分の体なので、興味を持って、触って確認してみていただけると良いと思います。次回、エクササイズをやれればと思います。よろしくお願いします。今日は以上です。

今回の内容を【動画でサクッと視聴する!】

今回の動画はこちらです。ぜひ、一緒にチェックしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。