この産後の腹痛、大丈夫?出産より痛い人もいる後陣痛とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
()

ツラくて長い陣痛が終わったと思ったら、産んだ後にも腹痛があるなんて!

よーく、分かります。出産が痛いのは仕方ないとして、産後まで腹痛に悩まされるなんて、理不尽だし心配ですよね。

産後の腹痛には、大丈夫なものと、そうでないものがあります。大丈夫なものがほとんどではありますが、中には心配な腹痛もあるので気をつけたいところ。

産後はつい赤ちゃん優先でお母さんの体のことが後回しになってしまいますが、お母さんの健康も赤ちゃんのためにはとても大切です。痛みをガマンして放置せず、その腹痛は何なのか、どうすれば改善するのか、当記事を参考にしていただければと思います。

子宮収縮によっておこる産後の腹痛「後陣痛」

image003

「後陣痛(こうじんつう)」って聞いたことありますか?

後陣痛とは出産してすぐ、もしくは数時間したら、下腹部がだんだん痛くなってくる現象のことです。これは妊娠で膨らんだ子宮が、産後に元に戻ろうと収縮する時に伴う痛みです。ごく自然な現象なので特に心配する必要はありませんが、あまりにも重い時にはガマンは禁物です。

後陣痛ってどのくらい痛いの?

後陣痛はよく「ひどい生理痛」とたとえられます。痛みの感じ方は人それぞれですが、ユニ・チャーム株式会社が運営するサイト『プレママタウン』の調査によると、「陣痛ほどではないが痛かった」と表現する人が多数を占めています。

image004

プレママタウン>用語集&体験談>産前・産後期別一覧>後陣痛をもとに編集部にて作成

個人差はありますが、初産婦さんより経産婦さんの方が強く痛むと言われています。また、赤ちゃんが泣いた時や授乳のときに子宮収縮のホルモンが分泌されるため痛みが増します。

後陣痛ってどのくらい続くの?

子宮の大きさは10日間ほどかけて元に戻りますが、その間ずっと後陣痛があるわけではありません。私の場合、1人目は1日だけ、2人目は2日間、3人目は3日間痛みが続きました。先のプレママタウンの調査によると、多くの人が2~3日で治っているとのアンケート結果が出ています。

image005

プレママタウン>用語集&体験談>産前・産後期別一覧>後陣痛をもとに編集部にて作成

後陣痛を薬以外で治す方法はないの?

image006

後陣痛がひどすぎる場合、子宮収縮剤の投与を中止すればかなり楽になります。また、授乳中でも問題ない鎮痛剤があるので、そちらに頼ってもよいでしょう。いずれも病院の判断になりますので、ツラかったら医師に相談してくださいね。

しかし、鎮痛剤は効果が高いのですが、薬が効いていない時間はやはり痛みますし、授乳中に薬をたくさん飲むことに抵抗がある人もいますよね。そんな時、どんな対処法があるでしょうか?

体をあたためる

体をあたためて血行を良くすることで、痛みが和らぎます。

着るものをあたたかくして、湯たんぽやカイロをお腹や腰にあてるなどしてみてください。あたたかい飲み物もおすすめです。カフェインや刺激の少ないものを選んでください。

帝王切開の人は、お腹をあたためていいかどうか医師に確認してからにして下さいね。

リラックス

どんな痛みでもそうですが、緊張していると痛みを強く感じてしまいます。音楽を聴くなど好きなことをして過ごしましょう。

とはいえ赤ちゃんのお世話で時間は限られますよね。そんな時は呼吸法がオススメ。ゆっくり深く呼吸をする腹式呼吸はスキマ時間で簡単にでき、酸素が体に行きわたってリラックス効果があります。

マッサージ

あたためる・リラックスを同時に満たすことができるのがマッサージです。うつ伏せになって腰のあたりを優しくマッサージすると痛みがやわらぎます。

アロマオイルを使ってもいいですが、産後の使用には適さないもの(シナモンやグローブなど)や、授乳中は避けた方が良いもの(ペパーミントやマジョラムなど)があるので、使用前に効能や副作用についてよく確認するようにしてくださいね。

これって異常?後陣痛以外にもある産後の腹痛

image007

産後の腹痛の主な理由は後陣痛というお話をしてきましたが、ここでは後陣痛以外の産後の腹痛にも触れておきたいと思います。

比較的よくある腹痛

後陣痛以外で比較的多いのが以下の腹痛です。「後陣痛にしては長いな・・・」と感じた方は、このような症状に心当たりがないか確認してみてください。

悪露の残留

悪露(おろ)とは、出産後の血液や分泌液の混じったおりもののことです。悪露がしっかり出たら、胎盤がはがれて凸凹だった子宮内がきれいになります。通常産後2~3日目に量が多く、だんだん色が赤から透明に変わっていき、約1か月でふつうのおりものになります。しかし子宮の収縮が進まないなどの理由で悪露が子宮内に残ったままになると、炎症を起こして激しい腹痛を伴います。産後1か月たっても下腹部痛があるようなら、産婦人科を受診しましょう。

便秘

出産後は会陰の痛みの恐怖からか、トイレを我慢してしまう人が多く、便秘の原因となってしまいます。病院を退院するまでにはお通じを確認しておきたいところ。水分と食物繊維、運動などの生活習慣を改善し、なるべくトイレに行きましょう。どうしても出ない場合は遠慮せず医師に相談してください。

下痢

疲労やホルモンバランスの崩れから、下痢になってしまう人も少なくありません。ひどい場合は腹痛を伴います。私の場合、処方された子宮収縮剤が体に合わなくてひどい下痢になってしまいました。服用している薬や食生活など、原因になりそうなものはないかチェックしてみましょう。

ストレス

出産後はしばらく安静にしておきたいところですが、育児・家事でそれどころではないとストレスがたまります。また、産後うつに代表されるように、精神的にも不調になりやすい時期ですので、ストレスのために胃腸をこわしてしまうことがあります。できるだけ休息をとれる環境を作り、腹痛が改善しないか様子を見てみてください。

非常にまれだが気をつけたい腹痛

これらの症状が現れたら、すぐに病院を受診してください。

子宮脱

力んだ時などに外陰部から何かが飛び出したような違和感があります。症状の軽い「子宮下垂」だと自覚症状がないこともありますが、「完全子宮脱」だと子宮が体の外に出てしまうので分かります。炎症や感染症を引き起こすと痛みを伴います。

産褥子宮付属器炎

産後3~6日のあいだに発症しやすく、38~40度の発熱が見られます。おりものに膿や血液が混じることもあり、急性だと激しい下腹部痛、慢性だと鈍痛が続きます。細菌感染のため卵管や卵巣に炎症が起こる病気です。

子宮筋腫の変性壊死

産後1~2週間以上過ぎても下腹部に圧迫感を伴う痛みがある場合は子宮筋腫の変性壊死の可能性があります。子宮筋腫の細胞が血行不良や栄養不足のために壊れてしまうことで起こります。子宮筋腫があると診断されたことがある方は特に注意してください。

卵巣嚢腫の茎捻転

突然激しい腹痛をおぼえ、半数の人が吐き気や嘔吐を伴います。これは卵巣嚢腫(のうしゅ)という病気のために卵巣が腫れて重くなり、子宮と卵巣をつなげているじん帯が引っ張られたりねじれたりすることで起こります。急性虫垂炎と間違われることも多いと言われます。

まとめ

いかがでしたか?産後の腹痛についてみていきました。
本日のまとめです。

  • 産後の腹痛のほとんどが「後陣痛」
  • 後陣痛は心配のない痛みだが、ひどい場合は医師に相談を
  • 後陣痛は体をあたためたりリラックスすることでやわらげることができる
  • 産後2週間過ぎても腹痛がある場合は後陣痛以外の理由も考えられる

出産は神秘的ないとなみですが、痛みとの戦いでもありますよね。けっして無理をせず、異変を感じたらすぐに病院に行くようにしてください。

(すきっと編集部/野田)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。