脊柱管狭窄症の基礎知識:症状、原因、治療法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
脊柱管狭窄症の基礎知識

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)は、背骨に沿って縦に通る脊柱管という空間が狭くなり、内部の神経が圧迫されることで痛みやしびれの症状が出る病気です。首や背中の部分がなる場合もありますが、一番多いのは腰におこる腰部脊柱管狭窄症です。

腰部脊柱管狭窄症の症状、原因、治療法、対策などをまとめてご紹介します。

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは
私たちの首から腰にかけては24個の骨が縦につながり、いわゆる背骨を形成しています。1個1個の骨は椎骨(ついこつ)と言い、切株のような円形の椎体(ついたい)と突起のある椎弓(ついきゅう)に囲まれた形状をしています。その中央は空洞になっていて、重要な神経が圧迫されないように守られています。
その神経の通り道となる空洞を脊柱管といいます

脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまうと内部の神経が圧迫され、各組織への情報伝達が上手くいかなくなります。そのため、圧迫された部分の神経がつながる場所に、しびれ、痛み、冷え、麻痺、感覚の異常などの症状がおこるようになります。

圧迫されている神経の場所によって症状は異なり、脊柱管が狭くなる原因も様々ですが、脊柱管が狭くなって何らかの神経症状がみられる状態をまとめて脊柱管狭窄症と呼びます。

脊柱管狭窄症の主な症状

腰部脊柱管狭窄症の症状は、圧迫されている神経の部位によって、馬尾神経型と神経根型、混合型に分けられます。共通した代表的な症状としては、神経性間欠性跛行(しんけいせいかんけつはこう)があります。

神経性間欠性跛行とは

歩き始めてしばらくすると下半身が痛んだりしびれたりして歩けなくなりますが、数分間楽な姿勢で休むと歩けるようになり、それをくり返す状態です。ひどくなると、ほとんど歩けなくなる場合もあります。
脊柱管狭窄症の人に見られる特徴的な症状です。

馬尾神経型

  • 両足~下半身全体にかけてのしびれ
  • 両足先の冷たい感じ
  • お尻や陰部のしびれやほてり
  • 下半身の脱力感
  • 下半身の筋力低下
  • 尿や便がもれてしまう  など

脊柱管を通るメインの神経を脊髄(せきずい)といいますが、脊髄は細い神経がたくさん束ねられて1本の神経になっています。その脊髄は腰の部分で束がほどけたように広がって馬のしっぽのような形になり、そこの部分を馬尾神経と呼びます。

馬尾神経が圧迫されると、下半身全体や両足、お尻や陰部にしびれ、痛み、じりじりした感じなどの不快な感覚や、冷えやほてりがおこります。
また、排泄のコントロールが上手くいかなくなり、尿や便がもれてしまう場合もあります。

神経根型

  • 片側または両側の足や下半身のしびれや痛み
  • お尻から足にかけてのしびれ・坐骨神経痛
  • 姿勢によって変化する下半身の痛み

神経根は、メインの脊髄から左右に分かれ出た神経です。そこが圧迫されると、圧迫された側の足や下半身にしびれや痛みがおこ ります。お尻から足にかけて痛んだりしびれたりする坐骨神経痛も、症状の1つにあげられます。

片側の神経だけが圧迫されることが多いですが、両側が同時に圧迫されるケースもあります。
神経根型の痛みやしびれは、前かがみの姿勢をとると楽になり、腰を伸ばしたりそらしたりすると強く感じるのが特徴です。

混合型

馬尾神経型と神経根型の症状が両方おこります。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症の原因
脊柱管が狭くなってしまう原因で一番多いのは、加齢による周辺組織の変化です。
50代を過ぎた頃からだんだんと脊柱管を囲む椎骨の形が変化したり、骨と骨の間にあるクッション役の椎間板がはみ出てきたり、神経周辺にある黄色靭帯が分厚くなったりすると、脊柱管狭窄症の原因になります。

そのような変化の理由がケガや他の病気の場合は、若い年代でもおこることがあります。脊柱管狭窄症の原因となる病気は、椎間板の中身が飛び出す椎間板ヘルニア、椎骨の位置がずれる分離すべり症などがあります。

また、数は少ないものの、生まれつきの遺伝が関係する先天性の脊柱管狭窄症もあります。

脊柱管狭窄症の診断・治療

脊柱管狭窄症を診断できるのは、整形外科です。症状の特徴に加え、

  • レントゲン
  • CT検査
  • MRI検査
  • を行うと、脊柱管の状態を見極めることができます。

    治療は、多くの場合最初に保存療法が行われます。
    保存療法で効果が見られないときや、深刻な排泄障害・筋力の低下が見られるときには、手術が検討されます。

    脊柱管狭窄症の保存療法

    脊柱管狭窄症は主に加齢による変化が原因でおこっているため、その原因を完全に取り除くことはできません。しかし、適切な薬を使用して痛みをやわらげ、運動や姿勢の注意によって、日常に支障がないように改善をすることは可能です。

    患部に手術などの積極的な処置を行わず、おこっている痛みや不快な症状をできるだけおさえ、日常の生活改善によって様子を見る治療法を、保存療法と言います。

    年齢による変化でおこる病気では、保存療法が治療の中心となります。

    脊柱管狭窄症でおこる神経の炎症や痛みに対しては、NSAIDS(非ステロイド性抗炎症薬)やアセトアミノフェンという鎮痛剤が主に使用されます。
    それに加え、神経を修復させる働きのあるビタミンB12製剤、足先のしびれをや冷えを改善する血管拡張薬、傷んだ神経の働きを調整する神経障害性疼痛治療薬などが同時に使われることもあります。

    ブロック注射

    痛みを伝える神経を、局所麻酔薬や炎症をおさえるステロイド剤の注射によって一時的に遮断し、痛みの悪循環を断ち切る方法です。
    薬ではおさえきれない痛みやくり返す痛みの場合、ブロック注射が有効なときがあります。

    状態に応じ、脊髄の外側にある硬膜外腔(こうまくがいくう)に行う硬膜外ブロック注射と、脊髄の根元に行う神経根ブロックが一般的には選択されます。

    運動

    病院では、状態に応じたリハビリを指導しているところもあります。周囲の筋肉をきたえ緊張をほぐすストレッチなどを行います。

    家で行える手軽な運動としては、あお向けに寝てひざを抱え、腰をゆっくり丸めるストレッチや、正座になり、前方の床に手を伸ばして腰や背中を丸めるストレッチなどがあります。

    脊柱管狭窄症では、腰を伸ばしたりそらしたりする動作は痛みを増すことになるので、腰を前に丸める動作が中心となります。

    ひどい炎症のおこっているときや椎間板ヘルニア・分離症がある場合など、状態によっては運動がすすめられないときもあります。医師の指導に従いましょう。

    日常での注意点

    脊柱管狭窄症は、日常生活での注意点によって症状の軽減につながると言われています。

    • 休むときは腰を前かがみにする
    • 腰を伸ばしたり反らしたりすると、脊柱管が狭くなって神経の圧迫が強くなってしまいます。症状が辛いと感じるときは、腰を前かがみにした姿勢で休むようにしましょう。

    • 状態が落ち着いたら動くことを心がける
    • 脊柱管狭窄症では歩くと痛みが出やすいので、つい行動を避けてしまいがちです。しかし、下半身の筋力が低下すると、さらに状態が悪化しやすくなります。腰に無理のない範囲で、休みながらでも動くように心がけましょう。
      ただ、ひどい炎症がおこっているときなどには安静が必要な場合もあります。医師の指導に従いましょう。

    • 自転車や杖を活用する
    • 歩くのが辛い場合は、自転車での移動が有効です。腰が前かがみになるので痛みがおきづらくなると言われています。
      歩く際には杖やカートを使って前に重心をかけるようにすると、比較的楽に動くことができます。自分が楽な方法を工夫してみましょう。

    • 腰への負担や立ちっぱなしに注意する
    • 重い荷物を持ったり長時間の立ちっぱなしを続けたりすると、腰に負担がかかるので注意しましょう。荷物を持つときは体全体でしっかり支えるようにして、腰だけで持ち上げないようにしたり、立ち仕事は片足を台にのせて行ったりすると、腰への負担が少し軽減されます。

    まとめ

    脊柱管狭窄症の基礎知識をまとめ
    脊柱管狭窄症の基礎知識をまとめてご紹介しました。
    慢性的におこる痛みやしびれは辛いですが、最近は薬などの治療法の進歩によって、だいぶ日常が過ごしやすくなったと言われています。
    整形外科の専門医と相談しながら、自分に合った治療法や生活の過ごし方を探していきましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。